書籍のご案内

 > 書籍のご案内 > エンドトキシン血症救命治療研究会誌 Vol.3 No.1 1999

エンドトキシン血症救命治療研究会誌 Vol.3 No.1 1999

エンドトキシン血症救命治療研究会誌
Vol.3 No.1 1999なし

  • A4判 128頁
  • 1999年12月25日 発行
  • 2,200円(本体 2,000円)
  • 400円
注文する

エンドトキシン血症救命治療研究会誌 Vol.3 No.1 1999

  
■第3回学術集会当番幹事高橋 愛樹
■第3巻編集代表原口 義座

CONTENTS

  
■PMX治療検討小委員会パイロット・スタディ結果報告PMX治療報告
委員会
■過去4年間に当院でエンドトキシン吸着療法が施行された47例の検討鹿瀬 陽一・他
■S状結腸穿孔性腹膜炎による敗血症にエンドトキシン吸着療法が有用と思われた1例長嶺 弘太郎・他
■緊急開腹手術ハイリスク症例の術後多臓器不全に対するエンドトキシン吸着療法の意義松野 直徒・他
■PMXを連続2回使用した敗血症性ショックの1例廣橋 伸之・他
■汎発性腹膜炎術後,急速にhypodynamic stateに陥った高endotoxin血症に対して,
PMX,steroid,epinephrine併用療法が著効した1例
壇上 渉・他
■エンドスペーシー値からみたエンドトキシン吸着療法の検討池田 寿昭・他
■エンドトキシン血症を呈し,経過中血球貧食症候群を合併した1例中井 弘・他
■敗血症による多臓器不全症例の血中エンドトキシン値について藤田 誠一郎・他
■ヒト心房性利尿ホルモン(hANP)の動態からみたエンドトキシン吸着カラム(PMX)の効果横田 裕行・他
■PMX施行症例におけるsuperantigenの検討(第2報)東 和明・他
  
パネルディスカッション PMXの導入基準とその効果判定の指標
  
■グラム陰性菌感染症治療とエンドトキシン横地 高志